今見ているページ > インポ改善ED薬は格安ジェネリックがお得TOP

インポとは?

インポとは、インポテンツの略で、ドイツ語のImpotenzから来た言葉で、以前は性機能障害の意味で一般的に使われていましたが、インポという言葉が侮蔑的な意味で使われたことから、最近では使われなくなりました。

私が子供の頃は、メンソール(メントール)のタバコを吸うと、インポになるという噂が広がったものです。

もちろん、メンソールのタバコを吸うと、インポになるというのは都市伝説なので、メンソールのタバコを吸ったからといってインポになることはありません。

最近は、性機能障害のことをインポとは言わず、EDまたは勃起不全という言葉が一般的に使われるので、メンソールのタバコを吸うと、インポになるという都市伝説を知らない若者も多いとは思います。

ちなみに、EDは英語の「Erectile Dysfunction」の略で、インポのようにドイツ語由来ではありません。

また、メンソールは英語の「Menthol」、メントールはドイツ語の「Menthol」で、どちらも綴りは同じです。

カタカナでの正式名称はメントールらしいですが、メンソールを使う学者もいるので、どちらを使っても問題はないと思います。

メンソール(メントール)についてはどちらでもいいですが、性機能障害を表す言葉については、インポ(インポテンツ)ではなく、ED(勃起不全)を使うようにしましょう。

参考:ED治療薬ランキング

ED治療薬とは?

ED治療薬とは、勃起不全を改善する薬で、最も有名なのがバイアグラで、ED治療薬=バイアグラというイメージを持っている人も多いかと思います。

ですが、ED治療薬には、シルデナフィルが有効成分の「バイアグラ」のほかに、タダラフィルが有効成分の「シアリス」、そして、有効成分がバルデナフィルの「レビトラ」という3種類があります。

バイアグラがED治療薬のパイオニア的な存在ですが、シアリスは驚異の持続力があり、レビトラは効果がより早く得られるのが特徴です。

バイアグラ、シアリス、レビトラはそれぞれ特徴があるので、自分に合ったものを使用するといいとは思いますが、毎回病院に行って処方してもらうと結構高いです。

セックスの回数が少ない場合には純正のED治療薬を病院で処方してもらう方法でいいとは思いますが、セックスの回数が多い場合には、格安のジェネリック薬を個人輸入で購入したほうが遥かにお得です。

ジェネリック医薬品という言葉はテレビCMなどでもよく使われていますので、ほとんどの人は聞いたことがあるとは思いますが、医薬品の有効成分に対する特許が切れたあとに、他の製薬会社が同じ有効成分で製造・供給する後発医薬品のことで、新薬のように莫大な研究開発費がかからないため、格安で販売されています。

例えば、バイアグラの物質特許は2013年5月17日に満了し、用途特許も2014年5月13日に満了していますので、海外メーカーだけでなく、日本の製薬メーカーもバイアグラのジェネリック薬を製造しています。

なので、日本の病院でもバイアグラのジェネリック薬を処方してもらえる病院はありますが、純正品とそれほど値段が変わりませんし、海外メーカーに比べて種類も少ないので、ED治療薬のジェネリック薬を購入するなら、個人輸入で購入したほうが遥かにお得です。

個人輸入といっても、個人輸入代行業者を使えば、普通の通販とほとんど同じなので、インターネットで普通に購入することができます。

参考:医薬品個人輸入代行ランキング

薬の個人輸入での注意点

薬の個人輸入といっても、ナポレオン薬局などの個人輸入代行業者を使えば、普通のインターネット通販とほとんど変わりませんが、個人輸入ということで、代引きや後払いといった決済方法は使えません。

通常は、クレジットカードによる決済で、支払い通貨は日本円ではなく、米ドルです。

米ドルなので、為替変動の影響を受け、1ドル100円のときと、1ドル120円のときでは、20%も値段が変わります。

あと、海外通販や海外旅行でクレジットカードを使ったことがある人は知っているとは思いますが、米ドルで決済すると、クレジットカード会社に、1ドルにつき、1円〜2円ぐらいの為替手数料を取られます。

つまり、1ドル100円のときに購入しても、1ドル101円〜102円ぐらいで計算されるということです。

銀行で米ドルを両替しても手数料は取られますので、為替手数料については仕方ないですね。

今は結構円高なので、個人輸入で薬を購入するのはかなりお得です。

ただし、日本の法律により、個人使用の為の輸入量の上限が、医薬品では用法・分量からみて2ヶ月分以内(日本国内で処方が必要な要指示薬は1か月分以内)と決められていますので、円高のときにまとめ買いするということはできません。

ED治療薬については、日本国内で処方が必要な要指示薬にあたるので、1度に個人輸入できるのは1か月分以内となります。

なので、バイアグラのジェネリック薬などの場合には、28錠〜30錠ぐらいを上限に販売されています。

なお、バイアグラのジェネリック薬の場合には、有効成分のシルデナフィルが25mg、50mg、100mgのものがあり、値段がそれほど変わりませんので、シルデナフィルの含有量が少なくていい場合でも、100mgのものを購入して、ピルカッターで分割して使用すると更にお得です。